10万円を借りるのなら手軽さが大事

キャッシングを利用する人は普通の場合は予想外の急な出費で利用するのですが、そのときのそれ程大きな金額であることばかりではないはずです。また年収との兼ね合いもありますから、いきなり大きな金額は中々貸してくれないのがカードローンです。しかし逆に言えば金額が少なければ簡単に貸してくれるという事でもあります。一般に審査が厳しいと言われている銀行でも10万円までなら、割合簡単に貸してくれます。また消費者金融なら更に簡単です。金額が少なく、すぐにい返済できる予定なら、即日で借り入れるとか最短で返済が出来るかどうかなどの事の方が、お金を借りるときの金利よりも重要になると言えます。例えば10万円借りて、翌月全額返済した場合の利息は、最も高い年利20.0%だったとしても、その1/12程度ですから、1.7%です。一般的には年利18.0%ですから一月だと1.5%です。10万円だと、1500円ということになります。銀行カードローンなどで、安い金利で済んだとしても年利15.0%程度ですから、10万円一月の利息は1250円ですぐに返済できると考えればそれ程大きな差にはなりません。10万円借りて短期間に返済できるのなら金利はそれ程気にする事がないということです。それよりも簡単に借り入れできて、簡単に返済できることなどを重視して使う事がお得といえます。またすぐに完済する予定なら、繰り上げて返済するのが簡単な仕組みのある消費者金融が良いかもしれません。