クレジットとカードローンの違いについて

クレジットカードとカードローンは一見非常によく似ています。それは、いずれもキャッシング機能があり、審査に通過しなければ入手ができないためです。しかし、両者の最大の違いは、その利用方法にあります。つまり、前者の主な目的がショッピングであり、後者の目的は現金の融資を受けることにあるということです。

そのため、クレジットカードのキャッシング機能は、融資額が限定的で金利が高いのに対し、カードローンは金利がクレジットカードよりも安めで融資額も大きいという特徴があります。また、どちらのカードでも時間帯が合えば、最短で数十秒、長くても即日中に融資を受けられますが、クレジットカードの方が最短で融資を受けられる時間が短くなっていることが多くなっています。そのため、当然のことではありますが、現金を借りる必要がある場合は、カードローンを利用した方が良いでしょう。

ただし、いずれのカードでも、結果的には借金をしているということに変わりはなく、お金を借りたら返さなければならないという点には、特に注意する必要があります。また、カードローンを所持している状態でクレジットカードの審査を申し込むと、返済能力を疑問視され、審査が通過しにくくなると言われているため、この点にも気を付ける必要があります。そのため、クレジットカードとカードローンの多重債務を避けるためにも、申請するカードは、どちらか一方に絞った方が良いでしょう。