カードローンは年収によってキャッシング限度額が異なる

カードローンの利用を検討している方が覚えておくべきポイントとして、年収と借入限度額の関係があります。カードローンの広告では高額な借入額が記載されていて、例えば最大300万円までキャッシング可能等とあるものですが、カードローンの利用申し込みをした方全員が300万円のキャッシングが可能という意味ではありません。300万円を限度に、それ以下の限度額が設定されるという事です。

最大何万円までキャッシング可能になるかは、審査によって決まります。この時、重要な要素になるの年収です。基本的には、安定的に多くの収入を得ている方が、より多くのお金を借入できる形になります。ちなみに、借入限度額はキャッシングに関する様々な条件にも関係してくるものです。

例えば、利率です。基本的に借入限度額が高い方ほど、より低い利率でキャッシングができるようになっています。審査の結果、最大50万円という結果が出た場合と、300万円という結果が出た場合とでは、返済の負担が異なるものです。

これらのように、カードローンの利用のしやすさは、年収と深い関係があります。収入が多いほど利用しやすいという仕組みは、どのカードローンでも共通したものです。ただし、アルバイトや主婦の方をターゲットにしたプランも多くあります。必ずしも収入が多い状態でなくても、それなりの金額でお金を借りる事ができるプランもあるものです。

なお、審査においては、必ずしも収入先が勤務先の給料である必要はありません。金融機関によってはオークションやフリーマーケット等の売り上げも、収入として扱われます。