カードローン利用のコツ。返済方法の選択

銀行等の金融機関でカードローンで借り入れをする際は、返済をしやすい方法が採用されているプランを選ぶのも、賢い利用方法の1つです。カードローンの返済方法は様々な方法がありますが、基本的には毎月定額を支払っていく方法と、任意の額を支払っていく方法との2つに分かれます。

毎月定額を支払っていく方法の場合は、例えば、10万円を借りたら毎月1万円を決まった日に支払う等の形になります。この方法は元金や利息等の細かい計算等が必要なく、同じ額を支払い続ければ完済できるというシンプルなシステムです。これは元利均等と呼ばれる方法であり、簡単に利用しやすいメリットがある一方で、支払う総額やかかる日数が多くなるデメリットもあります。なお、極度額が多いプランの場合は、毎月の支払いが少ないという事もあるものです。

毎月定額を支払う方法には、借り入れ残高に応じて利息分が少なくなっていくという方法もあります。例えば、返済初期は毎月3万円を支払っていくものの、後半になったら1万円を支払っていくという形です。この方法は元利均等と呼ばれる方法で、支払い総額が元金均等よりも少なくなるメリットがあります。ただし、残高が多い時期は支払いの負担が大きいデメリットもあるものです。

任意の額を支払っていく方法であれば、支出が多い時期は少なめに、支出が少ない時期は多めに返済するという利用方法が可能です。この方法には、毎月決まった額を支払う方法と組み合わされて、決まった額に上乗せして返済できる方法が採用されている場合もあるものです。

これらの方法は、銀行によって採用状況が異なります。どの銀行が、どのプランで、どの方法を採用しているか。これは、カードローンの利用検討の際、お金を返していく計画を立てる上で必ず考慮に入れておくべき事です。