銀行カードローン→正社員だけではなく アルバイトでも借りれるの?

アルバイトで一定の収入がある人ならカードローン会社の種類を問わず、消費者金融、銀行、クレジット会社のいずれのタイプでも申込みすることができます。
カードローンの借入条件の基本としては、安定収入があるということが大前提となっています。
アルバイトを継続的かつ定期的にしていて、月々ある程度の定収入が見込める場合は借り入れできる可能性があります。
逆にもしアルバイトに従事していたとしても、収入が不安定だと審査には不利になってしまいます。
たとえば単発バイトを時々請け負ったり、不定期に発生する仕事では定収入は期待できません。
同じアルバイターでも一箇所に腰をすえて仕事を続けている人のほうが審査ではポイントが高くなります。
これは正社員などでも同様ですが、勤務先をコロコロと変えてしまう人はなかなか社会的信用が得にくいということです。
今のアルバイトが長続きする予測がつきにくいため、収入が途絶えてしまうことが懸念されます。
勤続年数が長い人はお金を貸しても返済不能になるリスクが少ないということから、審査には有利になる傾向が高いのです。
消費者金融を利用するときには、総量規制に気をつける必要があります。
総量規制では借入総額が年収の3分の1までと定められています。
すでに他社の借入がある場合や年収の額によっては、新規で借り入れできる金額は限られてきます。
消費者金融と同じく貸金業者であるクレジットカード系のキャッシングについても同様です。
貸金業者ではない銀行が提供するカードローンは総量規制対象外となっています。消費者金融のように年収による借入額の制限はありません。
審査では個人信用情報の照会が行われますが、ここでブラック入りしていることが確認された場合、審査落ちする可能性が高くなります。
また立て続けに複数業者に申し込みしていると申し込みブラックとして審査に不利になるので気をつけましょう。
こちら(⇒専業主婦必見!内緒で借りられるカードローンの人気ランキング)のサイトでさらに詳しく書かれています。